築30年のマンションは売れるのか?口コミと相場

築年数が30年を超えたマンション売却に関する情報を発信しています。これから年数が経ったマンションを売却する予定のある人は参考にしてみてください。売るのは基本的に難しいですが、早めに行動すれば売却することができますよ。

TOP PAGE ⇒ 「大手の不動産会社?それとも中小の地元不動産会社?」

大手の不動産会社は顧客情報をたくさん持っているのがメリット

大手の不動産会社は、様々な顧客情報をもっているというのが強みです。マンションの購入を検討している顧客をリスト化しているため、古いマンションで手頃な物件を求めている人などに仲介をしてもらえることがあります。大手は一般的に資金力もあるため、広告展開などの活動もしやすいという強みもあります。

人気のエリアであれば、古い物件でも大手の不動産会社に査定、売却活動を依頼することで思ってもみなかったような高値でのマンション売却ができる可能性もあります。

中小の不動産会社は地元ならではの情報や住みかえ顧客のニーズを知っている

中小の不動産会社は、地元に密着していることが多いので、大手では知らないような地元ならではの情報をもっていることが多いのです。例えば近隣で住みかえのためのマンションを探しているけど、なかなかいい物件がなくて困っている顧客がいるなどの情報ですね。

そんな時に、築年数が古いとはいえ価格的に手頃な中古マンションがあれば、すぐにでも購入してくれるという可能性があるのです。

大手か中小か?ということで迷ってしまうことも多いと思いますが、一括査定サイトなどから査定を依頼してみて、優良顧客がいるという不動産会社を見つけてみるのがおすすめです。

一般媒介契約での売却でふるいにかけるという手もある。

不動産の仲介取引の場合には、一般媒介契約という取引があります。これは各社の売却活動が分からないというデメリットがありますが、しっかり動いてくれる不動産会社を見極められるというメリットもあります。

大手か中小どちらがいいか分からないという時には、どちらにも売却活動をしてもらうという方法を取ってみてはいかがでしょうか。

関連記事


Copyright (C) 2014 築30年のマンションは売れるのか?口コミと相場 All Rights Reserved.

TOP
PAGE