築30年のマンションは売れるのか?口コミと相場

築年数が30年を超えたマンション売却に関する情報を発信しています。これから年数が経ったマンションを売却する予定のある人は参考にしてみてください。売るのは基本的に難しいですが、早めに行動すれば売却することができますよ。

TOP PAGE

築30年のマンションは売れるのか?

築30年のマンションの売却は、年数が経過しているとあってなかなか難しいものがあります。

例えば新築当時は5,000万円で購入したマンションでも、築30年がたつと2,500万円での価格となることが多いので、ローンの状態によっては、売却したとしても残債が残ってしまうというケースも多いでしょう。

しかし、現実に東京都内であれば築30年以上のマンションでも取引がされています。例えば古くて手頃な物件を購入してリフォームを考えている買主がいたり、多少古い建物でもどうしても東京に住みたいという人のニーズが多いからです。

ただし、地方ですとより状況は厳しくなります。地方は人口減という状態が続いているので、中古マンションに対するニーズも下がってきています。よっぽど駅に近いなどの好条件が揃っていない限りはなかなか売却するのは難しいと考えておいた方がいいでしょう。

例えば新潟市のマンションは築30年が経過すると半値以下という価格になっている

地方都市のマンションは、新築当初の値段に対して値下げ幅が非常に大きくなっています。購入時は2500万円したマンションも、築30年が経過すると500万円〜600万円という価格での売却となっているのです。マンションを高く売るには?相場情報と売却テクニックの情報でも、新潟のマンションは値下がり幅が大きいことが分かります。

なかなか売れにくいという現状を理解できるのではないでしょうか。新潟市の人口は約80万人。このクラスの地方都市ですと大きく値下がりしているということを頭に入れておいた方がいいでしょう。

もし、これから新築のマンションや住宅を地方で購入しようと考えている人は、住宅ローンの計画も入念に練っておく必要があります。

あまりにも売れないという場合には仲介での売却ではなく不動産買い取りも検討すべき

もし仲介での売却をしていて、いつまでも内覧がない。さらに買手もつかないという場合には、仲介での売却ではなく買取も検討しておく必要があります。

買取は仲介での取引と比べて7割程度安くなってしまうというデメリットはあるものの、早く現金化できるというメリットもあるからです。

不動産会社は中古物件を購入したら、リフォームをして販売するという手法を取るために買取額はどうしても安くなってしまいます。


Copyright (C) 2014 築30年のマンションは売れるのか?口コミと相場 All Rights Reserved.

TOP
PAGE